本文へスキップ

コラム一覧Agenda of Column

ミクロの決死圏 For a few microns more

       
【第26回 儲かる機械???】
「儲かる」というなかなか魅力的な修飾語。「工作機械」との相性は・・・


 【第25回 スパイEXの仮説】
 精密加工にとって理想的な環境とは?  2017/02/23
   

 【第24回 スタイリング】
 ハウザー・マシンカバーの歴史的傑作を少々・・・2017/02/07
 

【第23回 年末特大編  鉄器時代に生きて】
「ある伝説」に迫ります。


 【第22回 番外編B 最適とは】
 巡回セールスマン問題について・・・とはいえ反省文ではありません。 2017/02/06
 

【第21回 番外編A 追憶】
”試みの地平線”に横たわるもの・・・


【第20回 番外編@ 解体新書】
エクストリームという社名とロゴについて少々。。
  
【第19回 説明責任】
そこには 理解可能性・目的適合性・比較可能性・信頼性 が必要なようです。


【第18回 調律】
ストイックで情無用の工業製品、のはずですが・・・


【第17回 ガラス張り】
ロジカルかつ透明なビジネスと思いきや、すこしばかりの”なぞ”はまだ許されるようです。



【第16回 One day】
栄光。それは過去にのみ存在するのでしょうか。



【第15回 冒険者たち】
もはや語られることもない若者の挑戦には、意外な賛同者がいました。



【第14回 オペレーション】
大ブームの影にいたある人物とは。



【第13回 直感】
EMOミラノ2015。広大な展示会攻略には段取りが重要です。



【第12回 蛍の光】
禁煙後進国とさえ呼ばれたスイス。愛煙家とのよき時代にも、必然的な別れが待っていました。



【第11回 質量】
国民全員を収容しても余りある、スイス家庭の常備品”核シェルター”。演習でわかった重い事実とは。



【第10回 前線】
70歳をすぎてなお不動の人気をほこる英国のロックスター。その秘訣は”予想の裏切り”にあるようです。



【第9回 第六感】
科学技術の進歩の恩恵で、精度を増した天気予報。しかしスイスでは”天気預言士”が人気のようです。



【第8回 てだれ】
命中という精度が要求される銃器。スイスの名銃にもコスト低減の波が来たものの意外な結末が。



【第7回 狭間】
お客様に差し上げるノベルティ。実用性と意外性、その距離はとても重要です。



【第6回 決定版】
誰でも文書を作成できるデジタル時代。しかし豊富な選択肢には、当惑させられるばかりです。



【第5回 弱み】
後になれば結構はずかしいことも多い”流行”モノ。スイスも無縁ではなかったようです。



【第4回 脱出】
自由をもとめ、国境をこえたり、宇宙を探索したり。そこには”科学技術”や”運”が必要です。



【第3回 刹那】
1000兆分の1秒を意味するフェムト秒。それら驚愕の単位をなんとか体感できないものでしょうか。



【第2回 よき道具】
”弘法筆をえらばず”。その逆のことわざが、世界にはたくさんあるようです。



【第1回 1μmとは】
精密マシニストの全宇宙ともいえる”1μm”。いったいそれは何なのでしょうか。




Lunch Time


【第1回】
作業服に注目します。



【第2回】
スイス鉄道時計に注目します。



 【第3回】
 正装感を損なわない安全靴とは?
 


【第4回】
蔵出し品に想いをはせます。


バナースペース

エクストリーム株式会社

〒253-0105
神奈川県高座郡寒川町岡田3-22-16
TEL 0467-73-1425
FAX 0467-81-4836