本文へスキップ

キャラクター辞典 The Company


や唐突にサイトに登場するマンガ風キャラクターですが、実はそれぞれに設定らしきものがあります。登場頻度はまちまちですが、過去登場したキャラクターや、今後登場予定などのご紹介です。

名前:コントロール

管理職。いささか深みに欠けるコメントや、聞きかじり又聞き風の業界関連トークで、真剣な現場をとまどわす。しかし、それによって現場がやれやれと思考を繰広げざるを得ず、意外な視点を持つことの起点になったりと、不条理&結果オーライに助けられ「人材育成&コーチングの天才」と評価されてしまう、つまりは「やり手の怪人」。
登場:巡回セールスマン問題 鉄器時代に生きて  ノベルティ
   クマーハードターニング
 儲かる機械???

名前:スパイEX

諜報員。(自称)西ヨーロッパ支局所属。”支局”と組織風に名乗りながらも、事実上は一人親方のフリーランス。定期的な報告義務はない。当地の機械業界を調査といいつつ、いまのところ対象はその建物や貼紙など、周辺情報に偏っている。報告はメモによる断片情報で、結論や指針を示さない読み手への丸投げが基本で、本人はそれが客観的でよいと思い込んでいる。
登場:スパイEXミクロの決死圏「説明責任」 鉄のカーテンの向こう側

名前:スマイル

とある貫禄に満ちた男。旧きよき時代を引きずりながらも、輝ける明日に賭ける郷愁のタフガイ。苦境にあってもふてぶてしく軽口をたたき、うそぶきながら一服をねだって時間をかせぎ、最後までしたたかに脱出作戦を練る。「変化」「進化」というビジネスの宿命の片側にある「撤退」「縮小」など、苦渋の、しかしどこまでもポジティブでいなければならない、どうやら逃れられそうもないこの世のタフな現実。最後の一服を馳せるそれぞれの思いとは・・・
登場:ミクロの決死圏「蛍の光」

コードネーム:フォックスバット

無敵のマシーン。最大速度マッハ3、パイロットの意思に瞬時に反応する思考誘導装置、完全なステルス性を有するとウワサされる。その他は一切不明。
業界のパワーバランスをくつがえすおそるべきパフォーマンスとして、競合は同等のマシーン開発を急ぐも今後10年以上の期間が必要とスタディされる。1号機と2号機が存在し、すべて同一ユーザーが所有、正当な手段での入手は不可能。実はハッタリではとの見方もあるが、相手方の闘志、やる気を喪失させるだけでもすでに投資は回収ずみ。
登場:儲かる機械??

名前:トゥース・ピック

国際素浪人。合法的に、ただただ越境することだけが趣味。無頼風のいでたちになんら他意はなく、むしろ鉄道など公共交通機関の利用を好むが、やむなき場合には機動性を重視し手段としてレンタル大型モーターバイクで活動。したがってメカへの執着や興味はほとんどなく、閑話休題・ぶらり漫遊記のような国際小ネタ提供が一方的に期待されるも、めだった報告なし。「あぁ、やっぱり・・」と任務解除をふくみいろいろ見直しがささやかれているが、そもそもコンタクトがむずかしい。
登場:ミクロの決死圏 刹那 ノベルティ

時更新します。

バナースペース

エクストリーム株式会社

〒253-0105
神奈川県高座郡寒川町岡田3-22-16
TEL 0467-73-1425
FAX 0467-81-4836